Home > スポンサー広告 > 後編)エネルギーを支配する者が国家を支配しマネーを支配する者が世界を支配する

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 後編)エネルギーを支配する者が国家を支配しマネーを支配する者が世界を支配する


Home > Politics(政治) > 後編)エネルギーを支配する者が国家を支配しマネーを支配する者が世界を支配する

後編)エネルギーを支配する者が国家を支配しマネーを支配する者が世界を支配する


9.11トリックとブッシュ一族とビンラディンとの癒着の話は、爆弾男、マイケル・ムーアが映画化した「Fahrenheit 911」でもあまりにも有名。「ビンラディンのような男がそんなにカンタンに捕まって殺されるはずがない。これは政府のパフォーマンス (farce) だ。
まだどこかで生きているんじゃないかー?」と思う人も多いかもしれませんね。


ここで、私の尊敬する音楽家の一人でもあるBono(U2)の曲を振り返りたい。


慈善活動家としても広く知られており、彼の活動は常に注目されています。何度もノーベル平和賞の候補には上がるものの、、

今だ正式に受賞された事がない。
なぜなんだこのやろう!(笑)


毎回オスカーを外しまくるディカプリオと同じようなもどかしさを感じる。
いい加減オスカーくれてやれよー。気がつけば既に劣化したおっさんじゃないか(お前が言うな)人事ながら泣ける。

ボノの書く曲は、政治や宗教色の強いテーマを題材にした内容が多い事でも有名です。特にバンド初期の活動では宗教的なことについてのリリックが圧倒的であり「War」に収録されたトラックなどを聴き直すと、攻撃的且つ破壊的で半分気がおかしい男になっていたとも言えますが、私は今も彼の生き方を尊敬します。



北アイルランド最大の都市ベルファストでは、通りの名前によってそこに住む人々の宗教や収入が判別できると言われてきました。対して、通りの名前などなく区別、差別、格差のない世界がこの"Where the Streets Have No Name"です。



この曲は、聞けば聞くほどに意味深い歌詞です。
このタイトルをWeに置きかえてみるとまた違った目線で捉える事ができる。これはもはや個人レベルの話ではありません。

人間の欲と虚栄心、権力こそが!
戦争、環境破壊、飢餓のスパイラルを引き起こしているのです。


リリックで語りかけている相手は、もしかしたら神様かもしれない。映像も意味あり気で非常に興味深いTuneです。

エネルギーをコントロールする者が国家を支配し、マネーを支配するものが世界を支配する!

★最近の私のおすすめ本

71HlPJ9c3LL.jpg

このおばちゃんの暴露話が事実だとするならば、、、日本国の崩壊も近いだろう。

なぜ日本が今でも米国の属国で惨めな国でしか入れないのか?といえば、騙され、乗せられ、操られて、負けるの分かってて米国と戦争して負けたからだ。

そういう意味でもA級戦犯(裁かれなかった海軍も)岸信介らの責任は重すぎる。その岸を正当化してる安倍なんか害以外なんでもない。
憲法解釈強行できようができまいが、いずれにせよ安倍晋三は、後世教科書等に「憲法をぶち壊し(そうとし)日本(国民生活、日本経済)を破滅に追い込んだA級戦犯の孫」と書かれ、日本人の記憶に永遠に残ることは間違いないだろう。

私が師匠として慕っている方からの一言。強烈なフレーズだった。

9.11は国家包みの自作自演だった!?


2001年9月11日にニューヨークとワシントンで相次いで起きた「米中枢同時テロ」なるものは、言われているような「自爆テロ」などではなかった。実体はアメリカとイスラエルによって緻密に遂行された自作自演のテロ擬装工作であり、両国の諜報機関CIAとモサドの常套戦術「偽旗作戦」にほかならない。

テロリズムとは本来「国家権力による恐怖政治」を意味するものであるから言葉の定義に則せばテロは現実に起きたわけだが、アメリカ国務省が定義するところのテロ=Patterns of Global Terrorism)は起きなかった。いわゆる「テロ首謀者」のアルカイダとはアラビア語でいう「データベース」を意味し、もともとはCIAによって徴兵、訓練されたイスラム聖戦士(Mujahideen)ら数千人を登録したコンピューターファイルのことである。

★Guardian, The struggle against terrorism cannot be won by military means Global Research, Al Qaeda the Database

そしてオサマ ビンラディンもまた「テロ」を口実にして侵略を正当化するための「敵役」を演じる工作員(Asset)にすぎず、CIAから「ティムオスマン」というコードネームで呼ばれていた

★OrlinGrabbe.com. When Osama Bin Ladin Was Tim Osman Document

彼の母親はシリア系ユダヤ人で、彼女の身内はイスラエルに居住している。イスラエルのメディアはオサマがユダヤ人であることを知りつつも、公表せずにわざと伏せている(イスラエル人ジャーナリストの報告による)またサウジアラビア国防大臣スルタンビンアブドルアジズ王子は、サウジ首脳会談の席上で、オサマは「ユダヤによって送り込まれた」と発言

★WorldNetDaily, Saudi official- Bin Laden sent by Jews

もともとブッシュ一族とビンラディン一族とは25年にもわたる腐れ縁の仲で、言わば石油&軍事ビジネスにおける盟友、パートナーであった。1977年6月、現大統領ジョージWブッシュが石油掘削会社アルブストエネルギーを設立した時の共同出資者がジェームスバスという人物で、彼は1978年オサマの長兄サレムビンラディンと米国での代理人契約を結び、アルブスト社に5万ドルを出資していた。
これが縁でビンラディン一族はブッシュのお膝元テキサス州へ足しげく訪問するようになる。だがサレムは1988年、パパブッシュことジョが大統領に当選した年に、テキサス州サン・アントニオ近くで軽飛行機“事故により不慮の死を遂げる。

ビンラディンとのビジネスパートナーはブッシュだけにとどまらない。「石油王」として知られるスタンダード石油創設者の曾孫でネルソンAロックフェラー副大統領の叔父ことジョンDロックフェラー四世の妻シャロンパーシーロックフェラーの一族もパートナーである。ビンラディンのいわゆる「隠し口座」はシカゴのハリス銀行にあるとされ、シャロンパーシー・ロックフェラー一族との共同口座になっているという。

★Sherman Skolnick's Report, "America's Reichstag Fire

またビンラディン一族は、サン・フランシスコに拠点を置く世界最大手の総合建設会社べクテルグループの子会社フレモント社(旧ベクテルインベストメンツ)へも1000万ドルの投資を行っていた。べクテルおよびフレモント会長兼CEO(最高経営責任者)のライリーPベクテルはブッシュ大統領の「輸出諮問委員会」メンバーであり、ドナルドHラムズフェルド国防長官の「国防政策諮問委員会」メンバーであるべクテル上級副社長ジャックシーハンともどもブッシュ共和党政権に深く癒着し、全世界のエネルギー開発を一手に握っている。

1983年から84年にかけてラムズフェルドが中東和平特使としてイラクを表敬訪問し、べクテルの石油パイプラインプロジェクトをフセイン大統領に持ちかけた話はあまりにも有名である。

★New York Times, "And the Winner Is Bechtel" New Yorker, "Dept. of Connections: The Contractors"/CNN,"The Bechtel-bin Laden connection" Public Citizen, "Bechtel: Profiting from Destruction" PDF Document


さらにビン・ラディン一族は、「カーライル・パートナーズ II」というファンドにも初期投資で200万ドルを融資していた。このファンドを運営する米投資顧問会社カーライル・グループは軍需産業と密接に関わり、会長には元CIA副長官および元米国防長官のフランクCカールッチ、上級顧問には元CIA長官および元大統領パパ・ブッシュと元米国務長官ジェイムズ・A・ベイカーが就任し、かつてはブッシュ大統領もカーライル社の理事だった。

ワシントン・ポスト(2003年3月16日)の記事では、9月11日事件前日から当日にかけての2日間、カーライル社は首都ワシントンDCのリッツカールトンホテルで年次投資家会議を主催しており、その会議にはオサマの異母兄シャフィグ ビンラディンが出席、10日の会議にはシャフィグと並んでパパブッシュも同席していたという。

★Washington Post, "Connections and Then Some: David Rubenstein Has Made Millions Pairing the Powerful With the Rich"

そのパパ・ブッシュは同10日夕、何の打ち合わせか、ホワイトハウスの大統領執務室でリチャードBチェイニー副大統領とも会っていた。この2人こそ「湾岸戦争」を仕掛けた時の大統領と国防長官という間柄であったが、その戦争でリーダーシップを発揮し勝利へと導いた貢献と功績によりチェイニーは1991年7月3日、大統領自由勲章を授与されている。その後チェイニーは1995年から副大統領に就任する直前の2000年までテキサス州に本社がある石油関連企業ハリバートン社(カーライル社の主要投資先)の会長兼CEOを務め、副大統領になってからもハリバートン社から報酬を受け取るなど癒着をものともせず、イランやイラクとのオイルビジネスに精通したキーパーソンである。


世界に本当の平和と安らぎが訪れますように。

アーメン!


★保有ポジション★

USD/JPY 101.30 /102.00 Long
EUR/USD 1.3610/ Short
GBP/USD 1.6997 Short
AUD/JPY 95.53/ 95.56 Long

☆.。.: *+・°☆.。.: *・°ヾ(☆▽☆)ノ゙.。.: *・°☆.。.:+*・°☆☆.。.: *+・°☆.。.: *・°ヾ(☆▽☆)ノ゙.。.: *・°☆.。.:+*・°☆


にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

人気ブログランキングへ
▶Kellyは投資家ランキングに参加しています 応援してねハニ~

▶北アメリカ情報ブログランキング

関連記事

Home > Politics(政治) > 後編)エネルギーを支配する者が国家を支配しマネーを支配する者が世界を支配する

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top