Home > スポンサー広告 > アップル信者を盛り下げた iOS7フラットデザイン登場から早1年

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-




Leave a Comment

Home > スポンサー広告 > アップル信者を盛り下げた iOS7フラットデザイン登場から早1年


Home > Mac/iPhone/iPad > アップル信者を盛り下げた iOS7フラットデザイン登場から早1年

アップル信者を盛り下げた iOS7フラットデザイン登場から早1年


時が経つのは早いですね、アップル関連の記事はiPhone5で止まっておりました。

iPhone5sの発表と同時にジョナサン アイブ氏によるフラットデザインに一新してから早くも1年が経ちます。
来週からはiPhone6の登場と共にiOS8のリリースがあります。年開けにはApple Watchも発売を控えています。

またその逆に、アップルが返り咲き、世界を変えるきっかけとなったデバイスであるホイール操作のiPod Classic がアップルストアのリストからひっそりと姿を消しました。

フラッシュストレージやiCloudが当たり前になってしまった今では仕方がない事なのでしょう。


わたしは正直なところ、このiOS7にアップデートしてから色んな面で違和感を感じてきました。フラットになりUSEFULになったのかと思いきや、そうでもなかった。スキューモーフィンデザインから離れMacとの統一性もなくなり、トホホな気分になったものです。今では慣れてきたために違和感も薄らぎましたが、、、

当初から騒がれていたフラットデザインの基本的な問題点として、、

これまでのアップルのUI(ユーザーインターフェイス)デザインはスキューモーフィズム=(Skeuomorphismと書きます)デザインと呼ばれるディスプレイ上にリアルなアイコンやボタンを表現するデザイン手法が主流となっていました。アイコンは写実的でボタンやスライダーといった個々のUI要素も立体的で高級感があり、Kはこのデザインが大好きでした。それによりゲーム感覚で直感的に操作できるのも魅力でした。

apple-iwatch4.jpg


それに比べてiOS7はフラットにこだわりすぎてUI要素が大幅に簡略化されていて、これではまるでWindows Phoneや8とほぼ変わらない全くつまらないUIに置きかけられてしまったようなデザインです。

アイコンやボタンが綺麗に浮かび上がっているような立体的でリアル感のあるUIはどこえやら。
長い間iPhoneに触れてきたユーザーならば誰もが一度は感じた違和感だと思います。

「フラットで軽くすれば良いってもんじゃない。陳腐でしかも使いにくい!」

この平面的なデザインは批判の対象になったことも記憶に新しいです。

例えば、ユーザビリティの専門家であるヤコブニールセンはWidowsの新しいUIについて、「立体的でないフラットなUIでは、どこを押す事ができるのか、あるいはどこに文字を入力したらいいのかわからない」と指摘していました。

実際iOS7も同じでしたよね。始めてiOS7のiPhoneを触るユーザーにとっても少し使いにくいUIであることは否定できないと思います。

更に、盛り下がった記憶があるのはiTunesでのカバーフローの廃止でしたね。初代Mac OSX LeopardやiPod Touchで始めて体感したあの流れるような美しい操作感は今でも忘れません。この頃はMacとiOSにも一貫性がありました。

デザイナーのアイブ氏はイントロダクションの中でこう言っていました。

「デザインとは、何かが見せるためだけの手段ではありません。それは全て、とても多くの異なるレベルで実際に動くものです。最終的には、もちろん、デザインは私たちの経験を定義づけるものです。深遠で永続的な美しさはシンプルさと明快さと効率性の中にあると思います。そしてそれらは複雑さの中に秩序をもたらします。
秩序とはいつもシンプルさの中にあるわけではない、複雑な中に存在するのです」

わたしたちユーザーはこの発言でうまく納得させられてしまいました。

ジョブズ先生は天国でこのデザインをどう思っているでしょう??

今回の新しいiPhoneの登場もそうですが、片手で操作できないバカでかいiPhoneが本当に必要なのかしら?
新機能のApple Pay?日本ではお財布機能のついたスマートフォンなどすでに一般的に普及してるのだし、
とくに物珍しくもない。使えなくたってさほど問題じゃない。とわたしは思ってますが。

唯一魅力だと思ったのは、セキュリティ面がかなり考慮されている事です。登録したカード情報は専用の「Secure Element」チップ内に暗号化して保存されるなど、支払いの際には自分のクレジットカード情報は相手に伝わらない仕組みになっているようです。紛失時にも「iPhoneを探す」から利用を解除するだけです。クレジットカード会社に電話してカードの利用を止めるなどの対応が必要なくなるのが嬉しいですね。Appleにもカード利用状況は保管されることはないとのこと。

iPhoneが進化するたびに記事にしたいと思うモチベーションが下がってきているのはわたしだけでしょうか?

まあ、そうは言っても最新のガジェットの登場で話題性は十分なので、魅力を感じた方はぜひ一度お試しください。

わたしは、今回の新iPhoneは見送りますが、Apple Watchには少し興味があります。話題作りのために1つは購入してみるつもりでいます。手に入れてしまうとすぐ飽きちゃうと思いますけどね(T-T)


120914iphonezero.jpg

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

人気ブログランキングへ
▶Kellyは投資家ランキングに参加しています 応援してねハニ~

▶北アメリカ情報ブログランキング

関連記事

Comments:0




Leave a Comment

Home > Mac/iPhone/iPad > アップル信者を盛り下げた iOS7フラットデザイン登場から早1年

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top