Home > スポンサー広告 > English Lesson 表現の度合い 

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-




Leave a Comment

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://denzy523.blog40.fc2.com/tb.php/64-1d9b7068
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Happy Life of Things

Home > スポンサー広告 > English Lesson 表現の度合い 


Home > Learn(語学教育) > English Lesson 表現の度合い 

English Lesson 表現の度合い 



遅くなりました。
ought to~はmustやhave to~と同じような意味なのでしょうか?>という質問にお答します。


はい その通りです^^ これらの助動詞はだいたい同じ意味です。でも大きくちがうのはそれをする義務の度合いです。

1)~するべきである 2)~しなければいけない 3)~するのが当たり前。oughtの場合は"should "よりも少し強い印象があります。逆に"must"やhave to ~より度合いが弱いです。
そのときの状況にあわせて使い分けることをおすすめします。


XOXO=HUGS and KISSES という意味でメールの最後にあいさつとして使ったりします。家族 兄弟 親しいともだち
恋人に使えます。あまり仲良くない人にはつかわない方がいいかもしれません^^; 発音はキスキス クスクスの中間みたいな音です。

※注意 これは話ことばではありません。
あえば実際にハグとキスをするから必要ないですね!
これはそれを表現するための文字です。>

他にmany hugs, Lots of hugs(love), Much love,とかあなたのこと気にしてるわ!っていう表現はたくさんあります。
自分の覚えやすい単語を見つけて愛を表現してみて下さいね! 

みなさんの応援のおかげで参加2日でネイティヴスピーカーランキング(3000人中くらいだったらもっとうれしい)1位を頂きました。が、今見たらダウンしてるぅ
引き続き応援ぽちよろしくおねがいします♪

ではでは~




関連記事

Comments:0




Leave a Comment

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://denzy523.blog40.fc2.com/tb.php/64-1d9b7068
Listed below are links to weblogs that reference
English Lesson 表現の度合い  from Happy Life of Things

Home > Learn(語学教育) > English Lesson 表現の度合い 

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top