Home > スポンサー広告 > ダイエットに執着する日本人

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-




Leave a Comment

Home > スポンサー広告 > ダイエットに執着する日本人


Home > Interest(関心) > ダイエットに執着する日本人

ダイエットに執着する日本人


Kellyは今、1200calオーヴァー の食事方で頑張って太る計画を実行中。日本のテレビ番組はほとんど見ないけれど、たまにランチの時間にテレビを見るとおデブーの主婦が『これでダイエットに成功しました!』みたいなバカバカしい通販番組ばかりやってる。
あれ見てると胸がむかむかしてくるんだ。ご飯食べながらいちいち
一人で突っ込み入れてました(笑)
わたしが長い間拒食症で悩んできたことはこのブログを前から見てる人ならたぶん知ってる。





好きで贅沢して太ったくせに、今度も痩せる為にムダ使いしてる。
そういうおばさんたちに限って、『わたしって水飲むだけで太っちゃう体質なのよね~』って意味不明なことを言う。。。

水で太れれば世の中みんなデブばっかだっつーの!アホか。

デブってのはやっぱりデブになるくらいのカロリー取ってるはず。自分じゃ気がついてないけど、牛みたいにダラダラ甘いものばかり間食してるからそうなる。

ダイエットも辛いけど、栄養不足な人間が太ることだってそれ以上に辛いんだ。それに、国によっては食べたくても満足に食べられない国の子供だっている。

お金賭けてキレイになろうとせずに、たまには1週間くらい水だけで断食するくらいの気合い入れたらどう?デブならそのくらいしたって死にはしない。服をキレイに見せなければならない職業のモデルさんは別、でもそのへんのおねえちゃんやおばちゃんが少しくらい太ってようが痩せていようが誰も見ちゃいないから。健康で元気に生活できることがどれだけ大事かって、今本気で自分に言い聞かせてるよ。わたしはダイエットにトライしてそうなったんじゃない。自分の精神的な弱さからDepressedした結果だった。

おそうじおばさんの圧力鍋を使った手作りサムゲタン風スープ
とカキのグラタン。痩せたカキでもこうしてホワイトソース乗っけるとカロリー倍増。
。10分間煮込んだだけ鶏肉が箸で切れたっ すげーよこれ。

マジうま~ 

CIMG2416.jpgCIMG2424.jpg
韓国の薬膳料理として知られるサムゲタンは本場ではじめて知っててから大好物になりました。身体が冷えやすい女性にとってはぴったりの料理です。

まるごと1匹の鶏肉のお腹に餅米、高麗人参、ニンニクとかナツメ、松の実などを適当に突っ込んで石鍋でぐつぐつ煮込んで出来上がり。あとは好みで塩を入れて食べるっていうのが一般的。見ためはあまり美味しそうでないけど、以外に贅沢な料理だし食べると激うまー。
真冬なら、冷めにくい石なべで直接煮込んだ方がもっとおいしいね! 

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

人気ブログランキングへ
▶Kellyは投資家ランキングに参加しています 応援してねハニ~

▶北アメリカ情報ブログランキング


関連記事

Comments:0




Leave a Comment

Home > Interest(関心) > ダイエットに執着する日本人

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


  • Instagram/chaorinco
  • Flickr Flickr/morphineg
  • YouTube YouTube/denzy52349
  • Last.fm Last.fm/ciao-kelly
  • Skype Skype/morph-g


  • ▲Tumblrで色々なアート紹介してます。興味のある人見てね


    このブログの中の人

    ノッポで栄養不足のバカリンガルです。今年で投資歴15年FXは8年目になりました。長期運用を目指す豪ドルスワッパーでしたがサブプライム、リーマンショックで大損。15年春、ようやく軍資金が1500万円に到達。諦めずに投資してきた甲斐がありました。
    今はユーロ、ポンドのドルストをメインにゆとりのある3倍トレードを心がけています。アップル信者、メリマンファン
    主にトレード記録、Mac関連の海外情報書いてます。
    ▶プロフィールの続きを読む

✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top