Home > スポンサー広告 > 火星もカーディナルサインに突入(メリマンレポート続き

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 火星もカーディナルサインに突入(メリマンレポート続き


Home > Economy(経済) > 火星もカーディナルサインに突入(メリマンレポート続き

火星もカーディナルサインに突入(メリマンレポート続き


Short-Term Geocosmics
Last week was the last passage of the 45-year opposition of Saturn and Uranus and the first passage of the 13-year Jupiter waxing square to Pluto. It was also the start of the Mars translation in hard aspect to four planets making up the Cardinal Climax, July 30-Aug 3...
This week finds Mars finishing up that translation on August 3, as the second Jupiter-Pluto waxing square unfolds (the day before President Obama’s birthday), and the start of Venus translating the same Cardinal Climax planets (August 7-9). It doesn’t end there, for the following two weeks will find the 20-year opposition of Jupiter and Saturn, followed by the 32-37-year waning square of Saturn and Pluto. Last week’s column discussed the implications of each in detail.

For our purposes, this entire time band is ripe for a cyclical crest or trough in many financial markets, followed by potentially powerful reversals. It would not be surprising to see strong price moves unfold this week, especially in precious metals, as heliocentric (not geocentric) Mercury enters Sagittarius (August 2-12). This planet-sign relationship can also be important in other commodities and currency prices. And with Mars now entering a cardinal sign (Libra), we may also see reversals in all interest-rate related markets, for this makes a hard aspect to the Sun-Pluto opposition in the chart of the Federal Reserve Board (December 23, 1913, 6:02 PM, Washington D.C., source the New York Times). It also sets off planets in the charts of the USA, Barack Obama, and Timothy Geithner. And once again, these aspects coincide with hot and dry weather, causing droughts like we are now witnessing in the Wheat growing regions of Russia.


長期サイクルでは天井かボトムのどちらかをつけるかもしれない。いくつかのマーケットで年初来高値ないし安値のど
ちらかをわたしたちは見ることになるのです。

もしくは、年初来高値から年初来安値へと進むような品シナリオも考えられます。それか、例えば50週や18週など複数の週単位のサイクルの底か天井からの急激なリヴァーサルを見ることになるかもしれない。7月23日~8月9日の間、14コのジオコズミックサインが見られるでしょう。そしてまた、のような多くの天体の集まりはお互いに矛盾したテーマを持ちます。つまりこの期間のマーケットは突然の上昇と急落が同時にやってくるエネルギーに満ちていることを意味します。今健在、ワールドマーケットはこのサイクルに突入しています。

日本のメリマンファンのみなさんも、驚くような展開を待ちましょうね!

 


アストロと直接関係ないけど、おなじみの、このオヤジの予言も一緒にどうぞっ リンクする部分は十分あります。

関連記事

nippon blogmura female trader

Home > Economy(経済) > 火星もカーディナルサインに突入(メリマンレポート続き

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top