Home > スポンサー広告 > カーディナルクライマックスはマーケットにどう影響するのか?

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > カーディナルクライマックスはマーケットにどう影響するのか?


Home > Economy(経済) > カーディナルクライマックスはマーケットにどう影響するのか?

カーディナルクライマックスはマーケットにどう影響するのか?


アストロ的にも、今年の夏はカーディナルクライマックスの中心にきています。このカーディナルサインがマーケットにどのように影響していくのだろう?というのが、今のわたしのObsessionです、

midyearwebcast2010rec.jpg


全てを書くことは不可能なので、メリマンのプレビューレポートからポイントになる部分だけピックアップしていきます。メリマンサイクルに関しては検索がとても多いのですが、2カ国同時で説明しているブログはまだまだ少ないと感じましたので、これを機会に少しずつ2カ国で入れていきたいと思います。
このカーディナルクライマックスは2024年まで続きます。
カーディナルクライマックスの意味が不明な方は過去の記事をサーチしてチェックバックしてください。

Short-Term Geocosmics
This is the time band Financial Astrologers have been waiting for. We are in it now.

It is unlike anything we have ever experienced. During this one month period (sign of Leo), there are four major planetary cycles unfolding that have a cyclical periodicity of 13-45 years.
On Saturday, July 24, the 13-year waxing square of Jupiter and Pluto takes place. Since Jupiter turns retrograde at this time too, it will square Pluto a second time just ten days later on August 3. This is a signature that implies exploding world debt (again), as well as the potential for large losses due to natural or man-induced disasters (it has an orb of a few months, but could relate to the crisis in the Gulf of Mexico, as well as a drought). On July 26, the fifth and final passage of the 45-year Saturn opposition Uranus aspect will take place. You may remember the first time this happened on November 4, 2008 (the USA Presidential election). You may also remember the last passage of this same aspect on April 26, which still stands as the yearly high in many world stock indices, including the USA.
On August 16, the second passage of the 20-year Jupiter-Saturn opposition will take place, which also refers to major changes in the direction many world governments. And finally, the third and last passage of the 32-37 year waning square between Saturn and Pluto takes place on August 21, which has correspondence to world-wide government debt, much like Jupiter square Pluto does. The difference between Jupiter-Pluto square versus Saturn-Pluto square is that the former wants to attack debt by increasing spending (i.e. economic stimulus programs, ala Keynesian economic principles), whereas the later wants to attack the exploding debt by cutting back on spending programs (i.e. austerity measures and economic contraction).
Most of this period is contained within the boundaries of the tropical zodiac sign Leo (July 21-August 21). It will thus have a geocosmic impact upon all Leo-born natives (like President Obama) because this Cardinal T-square (the “Cardinal Climax”) will be in effect on their birthdates. In the study of astrology, the chart of the planets on your birthdate each year is known as a “solar return chart”, and describes the nature of conditions one is likely to experience for the year. But it will also affect every individual who is born around the first four days of each season (approximately March 21-25, June 21-25, September 21-25, and December 21-25). Why? Because their natal sun will be in the very degrees that these major planets are crossing in the next month (0-3 degrees of cardinal signs). For many of these individuals, this will probably be a powerfully transformative period of life. Be humble, think clearly, and avoid impulsive decisions.
But what does it mean for financial markets? Long-term cycle tops and/or bottoms may take place now. Perhaps we will see the high or low of the year in some markets, or at least a reversal from a multi-week cycle crest or trough that will quickly lead to new highs or lows for the year. We can identify 14 separate and important geocosmic signatures unfolding July 23-August 9. Many of these have contradictory themes. Thus this period is likely to continue being fraught with sudden and sharp rallies, and just as sudden and sharp declines. Now stocks are rising into this time band, which fits the most likely geocosmic scenario issued to MMA Cycles subscribers in a special report early this week. We may witness huge ranges on some days, perhaps 500-1000 points in the Dow Jones Industrial Average, and maybe 200-500 points in Silver. This possibility could even extend into the second passage of Jupiter conjunct Uranus in mid-September.

短期予想 日本語訳: Kelly
ファイナンシャルアストロロジャー待望のときがきました。わたしたちは今ちょうどそこにいます。それは過去の経験が全く通用しない世界を見ることになります。たった一ヶ月間(LEO)の間に、短くて13年サイクル、長くて45年サイクルのメジャー天体が驚くことに何と4つも作られるのです。

1.7月24日と8月3日の木星/ Plutoのスクエア(13年サイクル)
2.7月26日の土星/天王星オポジション(45年サイクル
3.8月16日の木星/土星オポジション(20年サイクル)
4.最後が8月21日の土星/冥王星スクエア(32~37年サイクル

45年サイクルの土星/天王星のOpposition は、普通で5回目で起こる。今回がファイナル。1回目のオポジションが形成されたのは2008年11/4。大統領選の当日だったので覚えている人も多いはず。また同時に4回目のオポジションも思い出します。この前の日に当たる4月26日はアメリカをふくめたワールドストック指数でさい高値をつけたからです。

長過ぎるので省略っ 
oops sorry, Please allow me to omit part of this report.
as its too long to write in full..damn ! 泣

土星と天王星は2010年に、TAKA とHATOの対立を物語る。牡羊座の天王星は戦争を表します。それはゲキドして直ちに報復することを求める。天秤座の土星は平和な行動主義者です。それは行動を取る前に冷静に考えて反省おさるします。しかし、、この2つはお互いに正反対になっているので世界の一部のリーダー(土星)の地位は危険にさらされることになります。土星は国土と政府を支配して、天王星は変化及び、攻撃(牡羊座にステイ)を表すので、ある主要国のリーダーシップは2010年に倒されるかも知れない。これは革命、あるいは戦争の種類か何か?でおこるだろう。世界のリーダーはこれについてどのように対処するのか??で変わるでしょう
なぜならば、牡羊座の天王星(fight war )と天秤座の土星(穏やか、冷静で共有)が対立するからです。土星と天王星のコンビネーションはまた、小グループの反乱を表します。少ないグループの権利=天王星がsuppress="土星"をされていることになります。土星/天王星のオポジション(1965~1967年)の真っただ中で、アメリカ内部の都市で人種暴動があった。それは少数民族の権利を強くするものの運動にも繋がりました。

(cont.)

関連記事

nippon blogmura female trader

Home > Economy(経済) > カーディナルクライマックスはマーケットにどう影響するのか?

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top