Home > スポンサー広告 > レバレッジ規制は遅すぎた

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > レバレッジ規制は遅すぎた


Home > Trading(トレード) > レバレッジ規制は遅すぎた

レバレッジ規制は遅すぎた


今日からもう8月、早いね。去年からすでにレバレッジ規制については何度も書いてきた。
わたしは規制することは賛成だと言いました。
この規制ができたのは、過去のわたしのような死人を減らすためです。FXはものすごく儲かるイメージがあったので、わたしもこの世界に入ったわけだけど、現実はそうじゃなかった。この世界で長く生き残れるのは全体の2割。というのは本当の話だったのです。

そもそも業者としては、「これ以上、犠牲者を出すわけにはいきませんのでこちらで制限致しますね。今後は50倍を上限とし、来年からは更に、25倍にしていく予定です。今まで400倍~200倍でお取り引きしていた方々、余裕資金のない方かた 及び、貧乏人は申し訳ありませんがこの際諦めてください。」ストレートにいうとこういうことです。

200倍ってどんだけか知ってますか? はっきり言って、このレベルになってくるとギャンブルとほとんど変わりません。テコの原理でお金を動かしているようなイメージをすればわかりやすいね。

一般的な外貨投資と比較してみると、、
1ドル100円と想定した場合。そのとき、1万ドルの取引しようとすると100万円が必要だね。

FXで、レバレッジ200倍でトレードした場合はどうなるか!?

レバレッジ200倍で1万ドル=100万円の取引をするのに、必要な資金は100万円÷200の5000円

実際のところ、ブローカーによって最低必要な証拠金が異なるので、口座に1万円しか入っていなのに、200倍で200万円分のトレードができるかと言われたらそれはちょっと違います。
条件を満たした最低保証金が入っているのならもちろん200倍の取引が可能ということになりますが。

200倍、投資額5000円で想定した場合。
5千円で1万通貨「100万」の取引をすると1銭のレートの変動で100円が動きます。

50銭上がると資産はその2倍。これを一般的に言うハイリスク、ハイリターンと言います。

桁を変えて、50万円を元に200倍のレバレッジ設定で計算してみよう。

なんと!たったの50万円で1億円分の取引が可能になっちゃった!

あぶね~なマジっ 


と、いうわけで。。。。

それがFXの魅力だったとも言えるわけだけど、それをうまくドライビングできる人は今現在もごく僅かしかいない。だから規制されちゃうわけよ。たとえば、資源国通通貨のスワップ投資では、レバ3倍でも危険だと言われてますからね。今もリマインドする過去のフェイル。2008年リーマンショックの、『オージー円30倍で強制ロスカット』は今だ記憶に新しい。突然の暴落がきたときの、100倍、200倍というレベルがどんだけ危険なものか、これでよくお分かりになると思います。この手のものはギャンブル性が強いし、こういう世界が好きな人種って自分の欲望をおさえにくい人が多い。Kellyがその典型でした。

だから、、、業者サイドで制限してもらうのがいちばんなの。
それでもどうしても、50倍以上でディールしなきゃ気が済まないんだよ!という方はオフショアでアカウントを作るとか、独立して法人口座を立ち上げるとかした方がいいでしょうね。来年の25倍からでもそれは遅くないと思いますが。

この規制をきっかけとして、足を洗う人たちも入るだろうし、余裕資金のたっぷりある人たちは50倍の範囲内で、更にスキルをあげて頑張るわ~と気合いを入れてみるのも方法だろう。
Kellyはフォレックスに関しては少しずつフェードアウトしていくと思います。デイトレをときどきやるって感じのゆるいイメージで考えています。FX 以外ではアップル株を少し保有しています。


今ふと思ったけど JT も同じようにすればいいのに。おもいきって1箱2000円にしちゃうとかさ!これ以上中毒者を増やすな fuckin' Japan Tabacco !


dollordev のコピー

関連記事

nippon blogmura female trader

Home > Trading(トレード) > レバレッジ規制は遅すぎた

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top