Home

Happy Life of Things

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

グーグルの買収でモトローラ株上昇(ユーロドル-19P

昨日NY時間にトレードしたユーロドルは今朝の良い下げを逃して悲しくも19Pでリアル切り。

しかし、素早い損切りでロスを少なくすれば、次のチャンスもあります。最終的に少しでも+になればこっちの勝ちなのだから。それを常に意識しておきたいです。

欧州時間からはじわじわ買われはじめてます。1.4477のオーダーを一旦キャンセルして様子見していたけれど、耐えられずに再度1.4485で売り直してます。

とくに良い材料があるわけでもないので、大きな反転はないと思いたい。
弱いと思ってショートで入ってもすぐ切り返すのがユーロです。安値の追っかけ売りと引っ張るトレードだけは避けたいですね。


googlebuysmotorolam.png

ところで、先日、Googleはモトローラモビリティを125億ドル、日本円にして、約9600億円で買収すると発表しました。携帯電話メーカーを買収することで今後さらにシェアが拡大すると思われます。独自のオープンソースを生かし、アップルが秋にも発売を予定しているiPhone5に対抗する意欲さえ感じられます。

Motorola を買収することで Google の特許ポートフォリオを、アップルやマイクロソフトなどの競合企業から Android を奪われないための戦略とも言えるでしょう。

Android の生みの親である Andy Rubinは、Android は依然としてオープンなプラットフォームであるという点を強調。Google はすべてのパートナー企業が Android デバイスを開発、販売し続けられるよう注力し続けるとコメントしてます。
更に、CEOのラリーペイジは、「Android 一筋の Motorola Mobility は Google と相性が良く、両社が素晴らしいユーザーエクスペリエンスを作りあげることで Android エコシステム全体に恩恵をもたらす」と言ってます。

モトローラモビリティとは、モトローラ社の子会社というわけではなく、元のモトローラから分割されて生まれたスマートフォンをメインに開発しているモバイル部門のことです。

この影響でモトローラ株は56%上昇してダウも生き返りました。これによってカナダのクレジットカード事業を売却すると発表したBOAも大幅高となり、その他、業界再編の思惑でライバル会社のノキアやRIM (リサーチインモーション)などももつられて上昇しました。ChromeBookを発表してからまだまもないGoogleですが、今後も目が離せません。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

人気ブログランキングへ
▶Kellyは投資家ランキングに参加しています 応援してねハニ~

▶北アメリカ情報ブログランキング

スポンサーサイト

Home

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top