Home

Happy Life of Things

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

iPhone5 最新情報 自分用まとめメモ

9月12日に開催されると言われるiPhone5の発表まで一ヶ月を切りました。
モデルチェンジするたびにこれほど世界中からの注目を浴びるのはスマートフォン業界ではアップルiPhone以外にないといえるでしょう。

今年は特に、過去最大の「フルモデルチェンジ」となりそうで、スペック・機能などの情報が続々リークしはじめていますので、ここで久しぶりの更新といきます。現時点までに報じられた情報をここでサクッとまとめてみたいと思います。

spider-phone-3.jpg

ハイテク系情報サイトiMoreや、ニューヨーク・タイムズ、WSJ(ウォールストリートジャーナル)などの情報をまとめると、アップルiPhone5の発表日を9月12日に予定しています。発表日に関しては、ほぼ確定で間違いないと思われます。しかし、、近年のアップルの情報規制はいったいどうなってるんでしょうか?
発表前にこれほどの情報が一般に出回ってしまうとは。。時代はホントに変わりましたね。

過去の発売データ

初代iPhoneの発売日は 2007年6月29日(金) (2007年1月9日にappleから正式発表) 日本では未発売 でした。

iPhone3G (2008年6月4日にソフトバンクが発売すると正式発表)
2008年7月11日(金) 昼12時より発売開始
ソフトバンクオンラインショップは8月から販売開始。

iPhone3GS  (WWDC2009 6月9日にappleから正式発表)
2009年6月23日(火)午前10時からソフトバンクオンラインショップで予約開始
2009年6月26日(金)午前8時から発売開始

iPhone4  (WWDC2010 6月7日にappleから正式発表)
2010年6月8日(火)ソフトバンクが予約日を発表
2010年6月14日(月)ソフトバンクが予約時刻を発表
2010年6月15日(火)17時からソフトバンクオンラインショップで予約開始
2010年6月24日(金)午前8時から発売開始

iPhone4S (iPhoneイベント 2011年 10月5日にappleから正式発表)
2011年10月6日(木)ソフトバンクが予約日とその時刻を発表
2011年10月7日(金)16時からソフトバンクオンラインショップで予約開始
2011年10月14日(金)午前8時よりで発売開始。


back-wb1.jpg


いくつかの流出画像からも分かるとおり、パッと見は表側はiPhone 4Sと変わらないデザインですね。

ところが画面が4インチサイズになっていることや、Facetimeのフロントカメラがボディ中央に移動してます。
iPhone4sまでは外観的には表裏の色の違いくらいしかありませんでしたが5からはデザインも一新され、とくにバックcシェルが大きく変わります。

素材はリキッドメタルを採用せずに従来どおりアルミ削り出し方式ですが、強度はかなり改善されるようです。が、
先日、バンコクのあるショップでホワイトモデルのモックアップとおもわれるiPhone5の画像が流出した事で話題になりましたが、Kの個人的なイメージでいくと、とくにホワイトVer.のバックシェルは現行のiMac やMacbook pro に使用しているシルバー色のテクスチャーに近づいている印象を持ちました。

初代iPhone(3G)はコロンとした丸みを帯びたデザインも素晴らしくとてもお金をかけて生産していたのに対し、いまや猫も杓子もiPhoneの時代となり大量生産化したモバイルの産物といった印象は避けられません。進化してるとは言えボディ自体はなんとなく安っぽい。製造コストをできるだけ抑えようとしてるのが見え見えですね。(転売などぜずオブジェとして一つくらい記念に取っておけば良かったと後悔するほど、Kは初代3Gモデルのデザインが本当に好きでした!)しかしコスト削減によって、更に進化したiPhoneをより定価格で手にできるようになるのだからそれはそれで良しとしておきましょう。

更に、今年の5はDockコネクター(アップル独自規格8ピン)を始め、ホームボタン、Sim も縮小化されるなど、フルモデルチェンジがほぼ確定されたことにより、今まで以上に注目を浴びています。Simは現行のマイクロシムより更に小さいnano SIMが採用されると言われています。

iPhoneにこのサイズだと初めて見た時は少し大きく感じるのかもしれませんが、他アンドロイド端末の主流が4インチであること、幅広いユーザーに提供できるスマートフォンであるならばサイズアップは当然なのかな?とも言えます。ジョブズも現CEOも老眼の世代です。確かに、、すべてのユーザーに使ってもらいたいデバイスをデザインするならシンプルでカッコイイだけでなく老眼にも優しいインターフェースであってほしいとも思います。

メモリはついに512MBから1GBへ。

2倍のRAMになります。高速通信LTEにも対応。LTEに対応すると以前よりも混雑が少ない回線で超高速通信を行うことが可能になります。3月に発売された新型iPadは日本のLTEに対応していませんでしたが、iPhone5のLTEにはソフトバンクとKDDI(au)の両方が対応するのではないかと言われています。

後、おまけ情報では、iPhone5と同時リリースを予定しているiOS6の新機能、3DマップやBluetooth 4対応デバイスの連携機能、同時期に発売が噂されるiPad mini にも注目です。

このあともどんどんリークされる情報を追って行きたいと思います。

Stay Tuned ☆.。.: *+・°☆.。.: *・°ヾ(☆▽☆)ノ゙.。.: *・°☆.。.:+*・°☆


e6lPXi.jpg


にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

人気ブログランキングへ
▶Kellyは投資家ランキングに参加しています 応援してねハニ~

▶北アメリカ情報ブログランキング



外為
色々な面で使いやすいです。FX、株式、ゴールド、オイル、商品(CFD)、これだけの数の銘柄を同じプラットフォームで動かせるってのは素直にすばらしい。興味のある人どうぞっ
スポンサーサイト

10月第2週、アップル社員に休暇禁止令?

tim-cook-verizon-iphone-event-001.jpg

いよいよ来月第2週目あたりからは、新しいiPhoneの話題で騒々しくなりそうです。噂によるとこの2週目からは、アップルの社員に休暇禁止令を出しているほどだとか。やる気満々ですね。毎回、これほどまでにスマートフォンの新製品が注目されるのはiPhoneだけ。

Mac Rumor, Apple insider, 9to5Mac(Mac関連のインサイダー情報を伝える各サイト)などでは続々と新しい情報を流してます。

10月4日にはアップルキャンパスで、新CEOのクック氏が初の新製品のアナウンスを予定しているようなので、とくに注目が集まりそうですね。シリコンバレーでは公にゲイとしても知られている人です。ジョブズが偉大な人だっただけにプレッシャーも大きいかと思いますが、どのようなプレゼンになるのか今から楽しみです。

わたしはというと、iPhone4のときに比べると興味が薄れていますが、今回の進化によっていよいよグローバル端末の可能性が見えてきたこと。(つまり、GSMとCDMAのデュアルモードに対応していく可能性という意味です)あとiCloudとの連携はどうなっていくんだろう?といった関心はあります。

デュアルモードについて少し補足すると、Engadgetの説明を借りて、現行のiPhone4 は、AT&T やSBが独占している GSM モデルと、後の Verison バージョン CDMA モデルの2つが共存します。そもそも Verison 版は Qualcomm のデュアルモード対応チップを搭載しているのにGSMの機能をオフにしているのが実際で、技術面ではないところの問題が解決すれば、デュアルモード対応のグローバル iPhone が登場するのは自然な流れと考えられます。

あるアプリの利用者ログに、キャリアを識別するのに利用する MNC/MCC(mobile network codes/ mobile country codes)で AT&T と Verizon の両方を備えたものがあったとのこと。

*どうも世の中にはデュアルモード対応のiPhone 開発機があるらしいという話や、iPhone5はデュアルモード対応になるという話はちょっと飛びすぎてますが、Verizon が4月に決算発表の中で次期 iPhone が「グローバル端末」になると伝えたこと、なによりアップルという企業がたかだか通信方式程度の違いで異なる端末をふたつも作り続けるとは思えないことを考えると、いかにも実現しそうな話です。(via Engadget Japan)

で、今回ベライゾンのときのパターンと似ているのが国内ではKDDIの参入です。KDDInoネットワークは上下周波数が他国のCDMAネットワークとは反対のため、グローバル端末は使えないだろうと言われていましたが、この問題もネットワーク設備更新により現在は解消に向かっているそうです。”iPhone by KDDI” の環境は整いつつあるようです。

更にWSJ は、iPhone5 が AT&T や Verizon wireless に加えて Sprint にも提供すると伝えてます。これで T-Mobile(米国4大キャリアの一つ) が AT&T に吸収されれば、米国内においてはすべてのキャリアでiPhoneを取り扱うことになるわけです。

つまり、キャリア独占の iPhone 販売戦略は、アメリカでは終焉を迎えることになります。1キャリア制限はほとんどの国で終了しているそんな状況の中で、国内のソフトバンクだけがiPhoneを独占してるのはあまりにも不自然で独裁的。はっきり言ってストレスです。だからわたしは未だにファクトリーアンロックに拘るのです。

わたしにとっては、AT&T はドメスティックキャリアで例えると、やはりDocomoなんですね。
そのdocomoはといえば、iPhoneの存在すらすっとぼけて、というより、開き直って、アンドロイドの安全圏にとどまってます。一番電波が良く、国内でのシェアが大きいドコモがなぜiPhoneを取り扱わないのか?? それを見ていつも歯がゆいでしょう? 

いえ、大丈夫。日本はいずれ米国の後を追うことになるでしょう。必ずね。

にほんブログ村 為替ブログ FX 女性投資家へ

人気ブログランキングへ
▶Kellyは投資家ランキングに参加しています 応援してねハニ~

▶北アメリカ情報ブログランキング

Home

AUTHOR


不定期ですがInstagramの画像も上げてます、Flickrとクロスポストしてます。iPhoneユーザーは一緒にシェアして遊びましょう。


✐ RECENT COMMENTS
MAILFORM
Contact me ▶

javascriptオフの場合はこちら▽

TRAFFIC FEED
Feeds

Back to Top